Welcome to

Live Better

意外と知らない?歯医者さんは二種類いる!

  • Post By:
  • Date:

歯医者さんって医師免許じゃないの?

日本で言う「歯科医師」は医師とは別の国家資格なんです。口腔外科医師の歯医者さんと、歯科医師の歯医者さん、病院の看板を見ただけでは私たちにはわからないことがほとんどです。「一般歯科」と書いてあればなんでもできるということではないんです。「矯正歯科」と書いてあるから、どんな歯も矯正してくれるというわけでもありません。同じ虫歯治療でも、私たち患者側は治療シーンを見ることはできませんし、痛まない段階の虫歯では本当に治ったのかもわかりません。なんとなく削られているのがわかり、詰め物やかぶせ物を舌で触って確認し、治療してもらったんだ!という気持ちになって帰っていくだけですよね?しかしこの治療にも、当然ながら上手い・下手があるわけです。

治療したつもりが、その場しのぎだった!

一般的に、虫歯に侵された歯を削り取り、空いた穴を埋めてかぶせ物をする作業を治療といいますよね。しかしこの一連の作業にもたくさんの問題があるのです。本当に虫歯をなくすには、治療した歯が二度と虫歯にならないことが大事ですし、なってはいけないものです。ところが治療後数年経ってかぶせ物を外してみると中が真っ黒!なんてことは当然のようにあるんです。残念ながら、そうならないことの方が珍しいくらいです。それは、保険適用内での治療ではそこまでしかできないからで、さらにまた虫歯が痛んで歯医者に足を運んでくれれば、こんなにいいことはないからです。

本当の意味の歯医者さんを見つける

本気で虫歯を根絶しよう、と一緒に向き合ってくれる歯医者さんにはそうそう出会えません。しかし実は出会っているのに多くの人が避けているのかもしれません。なぜでしょうか?それは「自費での治療を強く勧めてくる」からです。日本の保険制度では、できる治療方法や治療に使える材料・使える材質などが細かく決められていますが、それらだけでは一時的な痛みを取るなどの対処しかできないのです。患者側の負担額が大きくなっても、歯医者側の収益は変わりません。患者の負担額と保険適用額の割合が変わるだけなんです。それなのに、「自費での治療をすすめられた、怪しい!」と思ってしまいますよね?違うんですよ、今はお金がかかってしまいますが、その一本の歯にかかる生涯の合計額を考えるととても安上がりなんです!一生自分の歯で、自分の歯を大切にして欲しいと思ってくれる歯医者さんこそ保険適用外の治療をすすめてくれるんです!そうは言っても、専門用語ばかりで親切丁寧な説明をしてくれない歯医者さんは信用できません。歯は一生ものです、どんな些細な質問にもわかりやすく答えてくれる、そんな歯医者さんを探しましょう!

恵比寿の歯医者は、無痛治療を行っていて、痛みを感じないように治療してくれるので、虫歯ができたら必ず治療を受けましょう。