Welcome to

Live Better

デリケートな場所の脱毛はどうやって自己処理したらいい?

  • Post By:
  • Date:

カミソリで脱毛する際には

セルフ脱毛はとても大変ですよね。カミソリを使う場合は、デリケートゾーンに対応したものを選び、石鹸を泡立てたり、シェービングフォームを使って余計な力を入れずに剃れるようにしましょう。処理した部分は化粧水やクリームで保湿ケアを怠らないようにしてくださいね。カミソリは手軽に使えて、まとめて処理できるので時間も手間がかかりませんが、皮膚の表面部分を一緒に削ってしまうため、保護する力が弱まり、カミソリ負けや肌荒れを起こす恐れもあります。特に生えかけの時は、下着でこすれるとチクチクした刺激を感じることもあり、肌の弱い方には向かない場合もあります。

熱線を使ったケア用品を使う際には

デリケートゾーンの脱毛をしやすくするために、熱を利用してムダ毛を焼き切る用具もあります。皮膚に触れないように、火傷防止用のガードがありますので、安心して利用できるものが多いです。熱線で余分毛先を焼くために毛先がなだらかに丸みを帯びて、下着が触れても痛みや刺激を感じることは少ないでしょう。ただ、1度に処理できる量が少ないために全部のムダ毛を処理するには、かなり時間がかかります。角度により思った位置に熱が当たらない場合は、何度かやり直す必要も出てきます。熱さに弱い方の場合は、冷やしながら作業したほうが良い場合もありますね。

セルフ光脱毛機器を使う際には

エステサロンで使っているような光脱毛の機器も販売されています。サロン並みの処理を自宅でできるのは、魅力的でしょう。体に影響のない範囲の光を照射して、ムダ毛と反応させて脱毛処理をします。照射できる回数が決まっていて、使いきりタイプとカートリッジを交換するタイプが選べます。スイッチで光の強さを調節をできますので、体質に応じて進められそうですね。1度に広範囲に処理できますが、機器が他のものより高めになります。照射量が少ない方が肌への刺激が少ないですが、自分に合った照射量を見つけながら脱毛するのにコツがいるかもしれませんね。また、アトピーやアレルギーでステロイド剤を使用している方は、肌トラブルが悪化する可能性があるので、事前に皮膚科で相談するか、皮膚科が併設されているエステサロンで同意書をもらったうえで、施術してもらいましょう。

股間の周囲の無駄毛を取り除くVIOライン脱毛を行う際はスキンケアに気を配ることが大切です。股間の周囲の肌は刺激に弱いので、脱毛は体質に適した方法で慎重に行うように心がけます。