Welcome to

Live Better

要注意!知っておこう、実は知らない心臓病

  • Post By:
  • Date:

「私は大丈夫」本当に大丈夫ですか?

心臓病と聞いて「塩分過多や運動不足とかが原因でしょ。なら私は大丈夫」なんて思ってはいませんか。その油断はあまり良くないかもしれません。確かにそれら生活習慣が原因の一端である場合もあるでしょう。ですが、それだけではないのです。気をつけるべき注意点はまだまだあるのです。心臓は体の中心、一番大切な臓器であると言っても過言ではないと思います。そんな心臓が病に冒されたら一大事です。もしもの時のために予備知識をつけておきませんか。

知っておこう!心臓病の原因

心臓病の原因とされるものは、大まかに3つあります。「生まれつき先天的な異常を既に持っている場合」稀に成長と共に自然治癒する場合がありますが、殆どの場合早急に手術等の治療が必要になります。「生活習慣を起因とする場合」先に書いたように、運動不足や食生活、喫煙等で高血圧や動脈硬化などの生活習慣病から心臓病になることがあります。「外因性の場合」健康体でも外からの強い刺激が原因で心臓に異常をきたす場合があります。直接心臓にダメージがなくともエコノミー症候群なども原因になりえます。このように、一言に心臓病と言っても様々な要因があるのです。

自分で守ろう大事な心臓!

自分の心臓について少しは関心を持ってもらえたでしょうか。少々怖い部分もありますが、知っておくというのは大切なことだと思います。肝心要の部分を心臓部と呼ぶように、とても大事な部位なのです。毎日、毎時間動いてくれているけど、自分では触れないし異常に気付いてあげ難い心臓ですが、少しでも知識を身に付け、ちゃんと自分自身に気をつけていくことで、上手く守ってあげながら、繊細な心臓と長く付き合っていきましょう。

僧帽弁閉鎖不全症は、循環器の病気の一つです。僧帽弁の開閉で血液を一定方向に流す働きをするが、僧帽弁が何らかの原因で完全に閉じられなくり血液が逆流する病です。