Welcome to

Live Better

こうすればよかった!心臓病にならないために注意すること

  • Post By:
  • Date:

食事の内容に注意する!

日本では心臓病で亡くなる人ががんについて2位となっているのを知っていましたか。心臓って体の中ですごく大切な臓器ですが、心臓がどのように変化しているのかってわからないですよね。ある日突然心臓に異常を感じるという前に、まず日常の食事を気にすることが大切ですよ。心臓病で良くない食品といえばお肉なんですよ。コレステロールがたっぷりあるので、摂り過ぎとなるのが良くないようですよ。摂り過ぎたと思った時は、食物繊維のある食品を食べるといいですよ。日常の食事のコントロールに気をつけたいですよね。

塩分の摂り過ぎには注意!

食事ってみなさんはいつもどこで食べていますか。一人暮らしだと外食したりするのが多かったりしませんか。確かにレストランで食べる食事は家庭とはまた違って美味しいですよね。それと同時にカロリーも家庭料理とは違うんですよ。必要以上に塩分を摂り過ぎているかもしれませんよ。塩分のとりすぎで高血圧になりやすいってなんとなく知っていると思いますが、それが心臓病にも繋がるんですよ。できるだけ家で食事を取ることを心がけてみてはどうでしょう。食費を抑える効果もあるので試してみる価値はありますよ。

心臓病は運動不足が原因?!

年をとるにつれて体を動かすのが億劫になったりしませんか。運動不足になり、思ってもいないところにお肉がついて、体重計に乗るのが恐ろしくなったりしますよね。その現実から目をそむけていたら、病気にもなってしまいます。運動は体の循環を良くする効果がありますよ。特に有酸素運動は効果的ですよ。今までテレビを見ていた時間に近所をウォーキングしてみたり、市民プールに行って水泳をするなど生活習慣を少し変えるだけでも、他の生活習慣病にも効果があるものですよ。もちろん無理な負担がかかることなく、楽しくできることを見つけてする事がいちばんですよね。

大動脈瘤とは文字通り大動脈に血液のこぶができる病気です。大きさやできた場所により異なりますが症状がないことが多いです。しかしこぶが破裂すると激しい痛みや出血により高い確率で死に至ります。